元巨人・阪神のエース 小林繁さん心不全で57歳での早すぎる急死 - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  元巨人・阪神のエース 小林繁さん心不全で57歳での早すぎる急死

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元巨人・阪神のエース 小林繁さん心不全で57歳での早すぎる急死

急死した小林繁さん

元巨人・阪神でエースピッチャーとして活躍した現日本ハム1軍投手コーチの小林繁さんが17日午前11時ごろ、福井市内で心不全のため死去した。57歳だった。

小林さんは巨人在籍時の78年に江川卓の巨人入団に絡んだ俗に言う『空白の1日』と呼ばれる「江川事件」で江川が阪神と一旦契約し即座に巨人・小林と阪神・江川とのトレードが行われた。阪神にトレードされた小林はその年22勝を挙げ沢村賞を獲得するなどサイドスローから繰り出される投球で大活躍しトレードの影響をものともせず、大活躍を見せた。

引退後は野球解説者やスポーツキャスター、選挙への出馬や俳優活動を経て近鉄のコーチ、日ハムの2軍投手コーチに就任していた。2010年からは日ハムの1軍投手コーチとして就任した矢先の訃報だった。

小林さんは亡くなる当日まで日ハムのイベントに参加していたが帰宅後に体調を崩し救急車で搬送される途中に息を引き取った。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/149-a5c88e35

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。