亜紗乃復帰で永里姉妹2トップ!なでしこ五輪最終予選20人発表 - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  亜紗乃復帰で永里姉妹2トップ!なでしこ五輪最終予選20人発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜紗乃復帰で永里姉妹2トップ!なでしこ五輪最終予選20人発表

 日本サッカー協会は8日、女子のロンドン五輪アジア最終予選(9月1~11日・中国)に臨むなでしこジャパン20人を発表した。ドイツW杯で優勝したメンバーから負傷でFW岩渕真奈(日テレ)、GK山郷のぞみ(浦和)の2人が外れ、FW永里亜紗乃(22)を1年9か月ぶりに選出。W杯優勝メンバーFW永里優季(24)の妹で、姉妹2トップで五輪切符獲得を目指す。また、東日本大震災チャリティーマッチ、なでしこリーグ選抜戦(19日・国立)にも同じメンバーで臨む。

 なでしこジャパンが姉妹2トップでアジアを勝ち抜く。佐々木則夫監督(53)は右足首骨挫傷を負うFW岩渕に代わり、FW永里亜を選出。ドイツW杯優勝メンバーのFW永里優の妹で、同監督は「W杯前から視察した中で、亜紗乃選手がコンディションも良く、岩渕にもひけを取らないプレーが期待できる」。

 亜紗乃は09年11月14日のニュージーランド戦(駒場)以来の代表復帰。パスもシュートもできる万能型FWとして高評価を得ている選手だ。今季なでしこリーグで得点ランク8位タイとなる3得点をマークするなど、好調を維持。本人も「代表に選ばれてうれしい。与えられたチャンスをつかむためにも良い準備をして、チャレンジしていきたい」とクラブを通じてコメントした。

 姉妹だけにあうんの呼吸も期待できる。小さい頃から、父・正彦さん(50)が監督を務める林サッカークラブでともにプレー。父の「守備的なヤツはいらない」という指導方針の下、2人とも徹底的に攻撃力を鍛えられてきた。当然、連係も悪いはずがない。突破力のある姉と、万能型の妹の合体は、新たな武器になる可能性を秘めている。

 「W杯とも、アジア大会とも違うのが、この五輪予選。何が起こるか分からない。スキを見せたらやられる」と佐々木監督。新戦力でよりチーム力アップを図りアジアを勝ち抜く。

 ◆永里 亜紗乃(ながさと・あさの)1989年1月24日、神奈川県厚木市生まれ。22歳。FW永里優季(ポツダム)を姉に、MF永里源気(甲府)を兄に持つ。父・正彦さん、母・美智子さんも、ともに全国レベルの元バスケットボール選手というスポーツ一家に育つ。兄の背中を見て、幼少の頃からサッカーを始め、07年にユースから日テレに昇格。万能型FWとして評価されている。166センチ、55キロ。





コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/185-66bf5eab

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。