サッカー=親善試合で八百長関与の審判6人、永久活動停止に - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  サッカー=親善試合で八百長関与の審判6人、永久活動停止に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー=親善試合で八百長関与の審判6人、永久活動停止に

 [チューリヒ 10日 ロイター] 国際サッカー連盟(FIFA)は10日、2月に開催された国際親善試合2試合について、八百長を行ったとして計6人の審判を永久活動停止処分としたと発表した。

 問題とされている試合は、2月9日にトルコのアンタリヤで開催された、2─1でラトビアが勝利したボリビア戦と、2─2のドローに終わったブルガリア対エストニア戦。この2試合では合計7得点が生まれたが、そのすべてがPKによるもので、4チーム全てが試合後に審判への不満を表していた。

 FIFAは倫理規定の「収賄」と「試合結果に対する不法な影響」の2項目に違反したとして、この試合を担当したボスニアの3人、ハンガリーの3人の、計6人の審判を永久活動停止にしたことを明らかにした。





コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/200-6c46bb67

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。