トウェンテ監督、古巣AZ戦へ「スペクタクルなサッカーを」 - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  トウェンテ監督、古巣AZ戦へ「スペクタクルなサッカーを」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウェンテ監督、古巣AZ戦へ「スペクタクルなサッカーを」

 この夏、増築工事中だったデ・フロールシュ・フェステ・スタディオンの屋根が崩壊し、死亡者が出る悲劇があったトウェンテだが、8月13日に無事今季最初のホームゲームを開催することとなった。対戦相手はAZ。コ・アドリアーンセ監督はAZ時代、美しく攻撃的なポゼッションサッカーでオランダ中を沸かせ、さらにはクラブをUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)ベスト4まで導いた。
「AZはわたしのかつてのクラブであり、常にシンパシーを抱いている。スヘリンハ会長(頭取を務めていたDSB銀行の破産でクラブ経営から退いた)の支えを失ってから、すべてのスターたちを売り払ってもなお、AZはよくやっている。首脳陣やコーチングスタッフを称賛したい。今季もすでに中心選手を失っている」

 AZは開幕戦でPSVに3-1と快勝した。一方のトゥエンテはいまひとつの出来で、NACを1-0で下している。
「最初のホームゲームでサポーターを味方につけるのは大事なこと。われわれはスペクタクルなサッカーを披露することを目的にしている。アヤックス戦(ヨハン・クライフ・スハールは2-1で勝つも内容ではアヤックスに圧倒された)、NAC戦ではうまくいかなかったが、AZ戦はそういうサッカーができるようにしたい」

 チームのエース、ブライアン・ルイスはベンチスタートとなる予定だ。ルイスはコスタリカ代表としてエクアドルとの親善試合に60分出場し、試合前日の練習に間に合わなかった。
「かつてマクラーレン前監督はこうした状況でもルイスを起用したが、わたしは別のタイプの監督。例外はない」

 トッテナムとルイスの代理人は接触を始めている。
「ルイスはわたしに『代理人がすでにトッテナムと交渉を始めた』と告げに来た。できれば、わたしはルイスをキープしたいが、トゥエンテはルイスと『本当にいいクラブからオファーが来たら、移籍に協力する』と約束している。これは重要なシグナルだ。選手たちが成長すれば、次のステップへ進むチャンスは十分あるのだ」

-Toru Nakata from Holland-





コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/209-b5b8d738

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。