スーパーサブ・丸山が御前V弾、五輪最終予選へ猛アピール…なでしこリーグ - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  スーパーサブ・丸山が御前V弾、五輪最終予選へ猛アピール…なでしこリーグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーサブ・丸山が御前V弾、五輪最終予選へ猛アピール…なでしこリーグ

 ◆プレナスなでしこリーグ 千葉2─1浦和(13日、埼玉・NACK5) なでしこジャパンのFW丸山桂里奈(28)が7月の女子W杯準々決勝ドイツ戦以来のゴールを決め、千葉が2―1で浦和を下した。NACK5スタジアムに来場していた女子日本代表・佐々木則夫監督(53)の御前で、後半40分に今季リーグ戦初得点。9月の五輪最終予選(中国)に向け、スーパーサブが猛アピールした。

 流れを一気に変えた。0―1の後半26分から登場した丸山は、豊富な運動量と高い技術でチームを引っ張った。同点に追いついた同40分、右サイドから河村乃のクロスに合わせた。ファーサイドに逃げ相手DFの視界から消える絶妙な動きで、今季初ゴールが決勝弾だ。

 試合終了直後にはベンチ前で絶妙の掛け合いが演じられた。

 佐々木監督「スネにたまたま当たっただけだろ」

 丸山「違いますよぉ」

 千葉・上村監督「(佐々木監督に)丸山は(代表発表前に)『どうせ私、代表に選ばれるから』って言ってましたよ」

 丸山「言ってないじゃん。本当に思われるからやめてくださいっ」

 佐々木監督「お前はオフなしでいいから走りまくれ!!」

 両監督からイジられる天然キャラの28歳はW杯のゴールで大ブレークし、帰国後は大手芸能事務所のホリプロと契約。連日のようにテレビやイベントに出演している。「出過ぎじゃないか」と心配する周囲に対しては「すごく充実してます」と反論した。「今までは練習以外で何もすることがなく、ずっと家にいてかえって疲れた。今はいろいろ言われるから責任感も出てきました」。多くの出会いから刺激を受け、一番うれしかったのは事務所の大先輩・和田アキ子に会えたことだという。

 この日はテレビ4局が訪れる人気ぶり。試合終了後は20分を費やした“バッチリメーク”で現れ、取材後はなんと単身電車で帰宅した。「誰にも気づかれないですよ」。有名になっても自然体を貫く異色の切り札は、千葉にもなでしこジャパンにも欠かせない。

 ◆動きに高評価 視察した佐々木監督は丸山について「変化をつけられる。ガンガン動けるところを見せてくれた」と評価した。この日は午後3時開始で気温35度の猛暑。デーゲームの多い五輪予選も同様の悪条件が予想されるだけに「参考になる試合でした」と話した。また、代表スタッフが中国視察から帰国。施設の構造上、非公開練習ができないことが分かった。

 ◆丸山 桂里奈(まるやま・かりな) 1983年3月26日、東京都生まれ。28歳。小学生からサッカーを始め、日体大在学中の02年に日本代表初選出。05年に東京電力に入団し、米国移籍を経て昨年9月に千葉入り。04年アテネ、08年北京五輪代表。代表通算66試合14得点。163センチ、56キロ。





コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/213-7d3f4f51

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。