F1第12戦ベルギーGPフリー走行2、M.ウェバーがトップも再び雨が降る 小林13番手 - スポーツ出たとこニュース!

スポーツ出たとこニュース! ホーム  »  スポンサー広告 »  最新スポーツニュース »  F1第12戦ベルギーGPフリー走行2、M.ウェバーがトップも再び雨が降る 小林13番手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1第12戦ベルギーGPフリー走行2、M.ウェバーがトップも再び雨が降る 小林13番手

 F1第12戦ベルギーGPは、現地時間(以下、現地時間)26日の午後2時(日本時間:午後9時)からスパ・フランコルシャン・サーキットで1時間半のフリー走行2が行なわれ、後半再び雨が降ってウェットコンディションになる前にレッドブルのマーク・ウェバーがトップタイムを残した。

 フリー走行2では、フォース・インディアがエイドリアン・スーティルに代わりリザーブドライバーのニコ・ヒュルケンベルグを走らせた。

 セッション開始時、雨は上がっていたものの路面は濡れており、浅溝のインターミディエイトで各車走行。30分過ぎにM.ウェバーが2分00秒964までタイムを縮めたところで、多くのドライバーがスリックタイヤに履き替える。ソフト側タイヤでM.ウェバーが1分50秒321と再びトップタイムを残すが、残り32分でまたも強い雨がサーキットに降り始める。

 雨の中、数台のマシンがインターミディエイトまたは深溝のウェットを履いて走行するが、タイム更新にはいたらず、M.ウェバーが最後までトップを守った。

 2番手は0.140秒差でフェラーリのフェルナンド・アロンソ、3番手はジェンソン・バトン、4番手はルイス・ハミルトンとマクラーレン勢が続いた。

 5番手はフェラーリのフェリペ・マッサ、メルセデスはニコ・ロズベルグ6番手、ミハエル・シューマッハ11番手、レッドブルの王者セバスチャン・ベッテルはハード側タイヤで10番手タイムを残した。

 ザウバーの小林可夢偉は13番手でセッションを終えている。

 明日27日は、午前11時(日本時間:午後6時)から1時間のフリー走行3、午後2時(日本時間:午後9時)から公式予選が行なわれる。



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sportscolumn.blog12.fc2.com/tb.php/280-122ef22a

FX業者比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。